永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
原点を振り返って
20070422181122.jpg


今年十月に京都のギャラリー妖精村での作品展が決まっています。

前回の個展’MARIEISM2002'から実に5年のブランクがあるので、
創作を軌道に乗せるのに只今苦戦しています。

’93年の初めての個展’Simpleなくちづけ’からだいたい二年とは空けず作品展
(企画展参加を含む)を開いていたのですが・・・
テーマをまだ絞り込めずにいる今、あらためて今までの作品の流れを
振り返りながら感覚を取り戻して行こうと思います。

私の原点はやはり’美人画’ということになります。
’美人画’というジャンルは現代絵画の世界では人物画というくくりと
なるようですが、浮世絵や日本画の系譜の上では重要な位置を占め、
好んで描かれてきました。

多くの有名な作家が存在していますが、その中でも私にとっては
’上村松園’が一番好きな画家です。

彼女の描く品格のある女性像は私の憧れでもあり、
足下にも及びませんが目指すところでもあります。

着物姿、洋装、男女にかかわらず
常に’品’を感じさせる作品を描いてゆきたいものです。


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。