永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~ありがとう…アンパンマン~
前回のブログでご紹介した特集企画は、昨年ちょうど精神的に一番辛い日々を過ごしていた頃に舞い込んだお話でした。
その時真っ先に頭に浮かんだのは、アンパンマンのことでした。アンパンマンが私を励ましてくれようとしている…勝手な思い込みかもしれませんが、何故かそんな気がしたのです。
アンパンマンミュージアムには、今は亡き母と一緒に訪れた懐かしい思い出があります。
飛行機嫌いの私たち親子は、JRを乗り継いで車窓からの眺めを楽しみながら初めての高知へ…
オープンしたばかりのミューシアムに目を見張りながら「やなせ先生にはお子さんがいらっしゃらなくても、アンパンマンというこんな親孝行息子がついているんだもの」と母が呟いていたことを思い出します。 
今年七月でアンパンマンミュージアムは開館15周年を迎えるのですから あれからそんなに月日がたったのかと思うと切ないような不思議な気持ちになります。

今回 学芸員の仙波さんが私の辛い状況を気遣って、締め切り期日にゆとりを持たせて下さったことは大変有難かったです。おかげでゆっくり取り組むことができて助かりました。
左頁にはインタビュー記事と関連画像を配し、右頁には私自身の自由なテーマで選んだ作品を一点、コメントと共に大きく掲載していただけるということでした。
右頁に載せる作品をどれにしようか迷いましたが、三月に発行予定という時期に合わせた画にすることにしました。


瑞兆特集記事
< 瑞 兆 >

2008年、賀状用に描き下ろした作品ですが、今回の掲載時期に
ぴったりな雰囲気なので選びました。女性の明るい表情が幸せ
を感じさせる良い出来映えになったと思っています。       ・

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。