永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
ゆかたに思う・・・
20070701165615.jpg


さて、いよいよ七月・・・梅雨明けはまだ先ではありますが、
夏祭を控えてゆかたの話題が多くなってきました。

正式な着物というと敬遠されぎみでも、ゆかたとなると気楽に
装えるのが魅力なのか最近はすっかり定着した感がありますね。

雑誌でも頻繁に取り上げられ、色柄ともに本当に豊富ですが、
私の好み的にはオーソドックスな紺地か白地のものに目が行きます。

夏の暑さの中、何よりもキリッと涼しげに着こなして欲しいものです。
売り手としては、買い手のニーズに合わせて多種多様の色柄を提供しなければ
ならないことは解りますが、どう見ても感覚を疑いたくなる様な
コーディネートを見掛けることも多々あります。

時代に合わせた感覚を取り入れつつ、たとえゆかたであれ和装する時には
”品”を失って欲しくないものです。

今回の画は”詩とメルヘン”誌上で付録カレンダーとして描いた
七、八月用の作品です。

芙蓉の花とゆかた美人の組み合わせ、やはり紺地に蜻蛉柄の浴衣に
山吹色の帯で涼しげに・・・冷やし飴をさりげなく添えたのは遊びです・・・
(笑)

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。