永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
紫陽花の候
20070701162302.jpg


更新がなかなかままならない今日この頃、季節は梅雨の只中となりました。

雨の日は鬱陶しくはありますが、この時期にこそ似合う花が咲くのですね・・・
”紫陽花”は色が変化することから昔は忌み嫌われたと聞きますが、
花言葉も”心変わり”だったでしょうか?

先日テレビで様々な種類が紹介されていてとても興味深かったです。
品種改良のせいもあるのでしょうが、思った以上に多種多様で驚きました。

ご存知の方が多いとは思いますが、花びらに見える部分は”がく”にあたるそうで、
小さな花心部分が本来の花なのですね。
近くに寄って観察してみると、なるほどそうかとうなずけますよ。

私は色的には少し深みのある青系のものが好みです。
大きな塊の様に咲く種類も見応えがありますが、
額紫陽花も可憐で好きですね。

日本画の画題としてもよく取り上げられていますが、
山口蓬春の紫陽花の画が
格別だった様に記憶しています。


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。