永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
土佐の高知の男前?
20070610164028.jpg

<爽風>


私の恩師やなせたかし先生の記念館であるアンパンマンミュージアムが、
郷里の高知県香北町にオープンしてから昨年の7月で十周年を迎えました。

その記念イベントとして開催されるアンパンマン「ア・ラ・カルト」展への
参加依頼を受けて制作したのが”爽風”です。

テーマは”アンパンマンと私”、

どの様なアプローチでもよいので何らかの形でアンパンマンを
表現して欲しいとのことでした。

まず始めに思ったのは、何か”ひねり”を加えた作品にしたいということ。
展示期間が7月から9月ということも考えて浴衣の男の子なんてどうだろう・・
柄行は”土佐の高知”に因んで紺地に波模様がいいかな・・・と
イメージは膨らみ、それにアンパンマンをどう絡ませるかということになりました。

ポップなデザインのアンパンマン柄の団扇を持たせてみることも
最初の案ではあったのですが、縁日っぽいセルロイドのお面で
アンパンマンを登場させることに決めました。

困った者の為に自分の身を投げ出す心優しく勇敢なアンパンマン・・・
見た目ばかりのカッコ良さだけでなく、内面にこんな精神を持つ
”本当の男前”がいたらいいな・・・という願望(?)で
描いた作品となりました。

後日ミュージアムのスタッフの方から、やなせ先生が来館された折に
展示作品をご覧になって「こんな手もあったか」と笑っておられましたよと
知らされ、”作戦成功”とこっそりほくそ笑む私なのでした(笑)

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。