永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仏蘭西語の甘い響き
耳栓2


昨日の続きの様になりますが 曲検索しているうちになんと

アラン・ドロンとダリダの”甘いささやき”に行き当たりました。

もう何年ぶりになるでしょうか 思わず聴き入ってしまいました。

この曲を聴いていると 愛を囁くのに仏蘭西語の響きほど似つかわしい

言語はないんじゃないかと思わされます…美男美女なら尚更(笑)


ただし すっかり愛の冷めてしまった女には たとえどんなに甘く心くすぐる

男の愛の言葉も 反って空々しく滑稽に聞こえるだけなのでしょうけれど…


大学時代 ちょっとばかり仏蘭西語をかじりましたが 英語とは違った

魅力がありますね。"R"の発音が独特で難しいのですが 朗読すると

流れるような語感が心地よく ちょっとしたヨーロッパ気分を感じたものです。



※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。