永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
くらわんか歴史街道と「塩熊」の謎
フクロウ君ブログⅡ
布ふくろうブローチ

友人とランチがてら 地元近場をぶらり散歩してきました。

京阪枚方公園駅から枚方市駅までの一駅間 線路沿いの整備された

道の両脇には 歴史街道の呼び名に相応しい棟の低い古い町家が並び

宿場町の風情を楽しみながらのんびり散策するには丁度良い距離です。

このエリアには案外 穴場的なカフェやビストロなども点在しています。

途中 ふと立ち寄ったくらわんかギャラリーでは 蕎麦猪口や飯茶碗といった

陶器類や布製品 雑貨等が販売されていて 友人は棕櫚細工のウサギとリスを

衝動買い(笑)私はひとつ百円と安価で可愛いので布製ふくろうブローチをゲット

道すがら”塩熊”という看板を度々目にするので ギャラリーで尋ねてみると

享保年間から続いている金物や様々なものを商う塩熊商店の屋号だそうで

このくらわんかギャラリーも店主小野氏の旧邸宅だったものを 現在一般に

公開しているのだということでした。帰宅して早速検索してみると 

塩熊商店のブログ しおくま日記の中でこの屋号の由来など 興味深い

エピソードが紹介されていました。 もともと、江戸時代は、塩を売っていた

「塩屋」だったそうです。代々の長男が 熊太郎 熊次郎 熊三郎という

「熊」がつく名前だったので 先代の熊、熊三郎(生きていれば100歳くらい)

が商品の「塩」と名前の「熊」を取って屋号を「塩熊商店」としたということです。

熊太郎 熊次郎 熊三郎 なんて昔話に登場するような名前で思わず

笑みが漏れそうですが 代々の家長につけられた立派なお名前なのです。

今月はクマの日のエピソードといい 気がついたら最後も”熊”に関わる記事に

なったことが不思議です。もしかしてクマに護られているのかも?(笑)


うさ&りすⅡ
友人が思わず衝動買いしてしまったウサギ&リス


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。