永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”龍神降誕”へ至るまで・・・
20070527182207.jpg

<”MARIEISM2002”展示風景>


私はどちらかと言えば、硬派なものを好む性質の様です。

優しげな女性の絵を想い浮かべられると意外に思われるかも知れませんが、
全く正反対の勇壮なものが好きですね。
自分自身の内面の弱さの裏返しからくる”憧れ”なのかも知れませんが・・・

”龍神降誕”は、そんな私の一面が顕著に現れた内容だったと言えるでしょうか。
もともとの発端は、2000年四月に”シャルレ”本社ビルの
ロビーエントランスをディスプレーする企画展に参加したことでした。

空間的に普通の平面作品では間がもたない様に感じたので、
”屏風”様式の大作を制作することにしました。

和紙を張り込んだパネルをつなぎ合わせた全くの我流の仕立てで、
あくまでも”屏風”らしきものなのですが、
今までに発表した最大の作品となりました。
丁度その年が”辰年”だったことから念願だった”龍”をモチーフに
チャレンジしてみました。

水墨画の技法本や挙げ句の果てには”居合い抜き”の教則本まで資料にして
頑張ったことを思い出します。

作品の出来はともかく発想がユニークだったせいか、
折角だから別の場所での展示をしてみたら・・と声を掛けて
頂いたことから、翌年の新春に”龍神降誕”を開くことに
繋がっていくことになりました。

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。