永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝顔の花と夏の思い出
朝顔ブログ
<色紙に描いた朝顔の花>


朝顔に つるべ取られて もらい水  加賀千代女(かが の ちよじょ)

朝、井戸に水をくみに来てみると、朝顔のつるがつるべに巻きついていて水がくめない。

切ってしまうのもかわいそうなので、近所に水をもらいに行くことにした。 

※「つるべ」=つなの先におけを取りつけて、水をくむようにしたもの。


朝顔と言えば この有名な俳句が浮かびます。その名の通り 朝開くと夕には萎んでしまう 

そんな儚い花の命をいとおしむ なんとも ほのぼのとして心優しい情景が詠まれています。

夏の早朝に咲く朝顔の清々しい美しさは 何故か子供の頃の懐かしい記憶を呼び覚まします。

夏休みのラジオ体操に出かける道端に咲いていたことや 宿題の観察日記のこと…

小さな種から発芽すると 双葉が開き 次第につるが巻きついて… 花が咲くまでの成長ぶりに

毎日わくわくしたものです。花が終わった秋に枯れた鞘から種を取り出す時 来年またこの種から

綺麗な花が咲くのだという 命の連鎖の不思議を子供ながらにも感じていたように思います。




※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。