永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
渋澤龍彦”幻想美術館”展
20070520172949.jpg


日頃から感性のアンテナを磨いておく為にも、書物を読んだり、
展覧会や映画を観る機会が必要です。

先日”日曜美術館”の放映で、渋澤龍彦”幻想美術館”展が紹介されていました。
氏の名前を耳にするのは本当に久しぶりでした。
彼の独自の視点と美意識で語られる文学論、美術論には興味を惹かれ、
一時期、関連本を読み漁り少なからず影響を受けた様に思います。

本来なら是非観に行きたいのですが、関西方面での開催の予定はなく、
諦めざるを得ません。
中でも四谷シモン氏の展示作品”天使”の映像が映ったのですが、
とても美しくて・・・実物が観れないことが本当に残念です。

渋澤ワールドのデモーニッシュな雰囲気とまでは及びませんが
”黒のエチュード” は如何でしょうか・・・

”詩とメルヘン”での投稿作品”手袋”という少し猟奇的な香りの短編に
添えたイラストです。

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。