永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ガラスの部屋」ってどんな映画かというと、、、
薔薇とパール



イタリア映画「ガラスの部屋」('70)の主題曲が再認識されるきっかけと

なったのは やっぱりお笑い芸人ヒロシのBGMに使われたことでしょうね。

まさか こんな形でこの曲が取り上げられるとは思いもよりませんでしたが

彼の自虐ネタに妙にはまってしまうのが可笑しくて 選曲のセンスに

思わず ”おぬし なかなかやるな” なんて感心したりして、、、(笑)

曲はすっかり有名になりましたが 肝心の映画のことを知っている人は

そう多くはないのではと思います。私も随分昔 深夜のテレビ放映を一度

観ただけなので 物語自体ほとんど忘れてしまいましたが 若い恋人達の

間に謎めいた富豪の御曹司が絡んで 倒錯的な三角関係に陥り やがて

破滅的な結末を迎える といった感じだったと思います。こういう設定はヨーロッパ

映画ではさして珍しくありませんし観終わった後がっかりした様に覚えています。

この切ない主題曲と愛に飢えた物憂げな若者を演じたレイモンド・ラブロック

美青年ぶりぐらいしか印象に残らなかったと言ったら お叱りを受けるかも?(笑)


6/18<追記>「ガラスの部屋」検索してみると結構動画も見れます。
詳しいストーリーも解りますがラストシーンまですっかり明かされて
しまってますので、ちょっと興醒めかも…(笑)興味のある方はどうぞ



homme.jpg
NEO ROMANTIC

数年前メンズファッション誌のグラビアをスケッチしたもの。
なんとなくイタリア人ではないかと思っているんですが 
やっぱりヨーロッパ系の男性モデルはフリルが似合う?



※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。