永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 今年は梅酒にチャレンジしました ☆
スカーフ少女ブログ


☆・★・☆・★・☆・★・☆


5月21日の記事でも取り上げた梅酒 今年は店先で南高梅のきれいな青梅を見かけたので

トライしてみることにしました。自家製の梅酒って ちょっとわくわくするじゃないですか(笑) 

漬け方は基本的に簡単ですが 一人で漬けるのは初めてなので念の為 正しいレシピ

ネット検索してみることにしました。和歌山の月向農園のホームページが充実していたので

参考にすることに、、、一番知りたかったのは糖分の濃度でした。一般的には梅1kgに

氷砂糖も同量1kgホワイトリカー1.8ℓという比率で 父もこの割合で漬けていたと思います。

でも これだと かなり甘い出来上がりになるので 私的にはもっと控えめにしたかったのです。

調べている内に 最低でも500グラムは砂糖を入れたほうが失敗しないで良いらしいとわかりました。

梅の達人曰く 砂糖を入れずに漬けると梅酒とは別物になるんだそうです。ふ~ん そうなのか(゚、゚)

他にもいろいろ調べた上で 結局私は650グラム という微妙な(笑)量に決めることにしました。


梅酒①ブログ
>ホワイトリカーに浮かぶ青梅


あともうひとつ迷っていたのはアルコール。近頃は果実酒用のブランデーも販売されていて

これには気持ちが揺れたんですが(笑)やっぱり最初は定番の35度ホワイトリカーで

漬けることにしました。 青梅を水で洗って水分をきれいに拭いて 小さなヘタを

つま楊枝で取り除いてからビンに氷砂糖と交互に入れます。最後にホワイトリカー

静かに注いで完了です。こんな風にひと粒ずつ丁寧に扱っている内に何だか

愛おしくなってしまって(笑) どうか美味しい梅酒が出来ますように、、、

そのまま放っておかずに一日一回ビンを優しく揺すって混ぜるのが良いそうです。

三ヶ月後にはフレッシュであっさりした味に コクが出てくるのは一年後だとか、、、

一年寝かすのはじれったいので とりあえず今から三ヶ月後が待ち遠しい私です(笑)


☆・★・☆・★・☆・★・☆


梅酒全ブログ
これが 漬けたばかりの状態


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。