永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
❁ 美味しい緑茶でリフレッシュいたしませう ❁
ラパンナジルブログ
❁ ラパンアジール 缶ラベル ❁

❁  ❁


新茶の出回る季節ですね。この時期にしか味わえない新鮮な緑茶の旨味と爽やかな香り

日本人に生まれて良かった、、としみじみ思ってしまいます(笑)少しばかりお値段は張りますが 

これだけははずせません。今年は鹿児島県知覧の新茶を購入しました。疲れた時に一服の

美味しいお茶で 心が癒される幸せお茶の時間は万国共通の楽しみではないでしょうか、、、

緑茶にもフレーバーティーがあることを知ったのは今年の初め デパートの一隅でルピシア

というお茶の専門店を発見した時でした。店頭のディスプレイやパッケージデザインも

とってもお洒落女心をくすぐるコンセプトは やはり東京拠点の店舗らしいというか(笑)

ちょうどその時は新年限定のフレーバー緑茶が発売されていました。

緑茶といえば 玉露 煎茶 抹茶というぐらいの認識だった私には まさに目からうろこ!?

今年の干支 うさぎのキュートな絵のラベル缶入りで 二種類のフレーバーがありましたが 

私がチョイスしたのはラパン アジール フランス語ではねうさぎという意味の方。

”白ワインをイメージした華やかな祝いの緑茶です。ラパンアジールすばしっこい兎

のように季節を駆け抜け充実した一年が過ごせますように。”という説明書が入っていました。

お湯を注いで待つこと二分、花のような それでいてどこかフルーティなマスカットのような

不思議なバランスの香りが芳しく これって緑茶?という感じなのです。でも茶葉を見ると

確かに緑茶に間違いなくて、、、今まで抱いていた緑茶の概念を見事に覆されましたね(笑)

このラパンアジールは今年新年限定販売の品で もう手に入らないこともあって 特別な時にだけ

楽しむことにしていますが、賞味期限の切れない内に飲んでしまわないといけませんね(笑)


❁  ❁


ファム文字入り


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。