永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
❁~黒船屋の美女と黄八丈~❁
花菖蒲�


。。❁。。


テレビをつけると たまたま竹久夢二の「黒船屋」が取り上げられていました。

伊香保の夢二記念館に収蔵されているこの絵は年一度九月に二週間限りの

公開で 更に予約制だと聞いて驚きました。麗しい美女には簡単にまみえることが

できないようですね。そんな風に特別に愛されて扱われれる作品を世に残せるのは

画家として最高の幸せでしょうけれど、作品の生まれた背景と絵に込められた並々

ならぬ情念を思うと切ないですね。名作の影には秘められたドラマあり と言いますか、、、

この「黒船屋」に描かれた美女が身に纏う黄八丈の着物は曲線を強調した

ポーズや女性の表情のせいもありますが随分 艶かしい感じを受けます。

私がこの黄八丈という織物に抱くイメージは どちらかというと もっと硬質で

健康的なものだったので そういう観点から「黒船屋」をみても興味深いですね。

もともと縞柄の着物は母が好んで着ていた影響もあって 私も自分の

作品のモチーフとしてよく扱います。黄八丈の美女も何度か描いていますが 

最初は確か寅年の年賀状でした。黄色の縦縞はやっぱり阪神タイガース?(笑)


。。❁。。


びーどろ�

✿ びーどろ ✿
<新年にびーどろを吹くと一年の厄を祓うのだそうです。ポッペンともよばれます>




※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。