永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~✿ 今夜は 懐かしくほろ苦い思い出と 豆ご飯 ✿~
新えんどう豆ロゴ入#9829;


。。❁。。


お値段が手ごろになってきたので(笑)さや入りえんどう豆を買いました。

毎年出始める頃には必ず父が買ってきて さやから豆を剥いていた姿を思い出します。

豆ご飯と筍の煮物は父の大好物で 我家の春の定番メニューでしたから、、

私も今では大好物ですが 幼い頃は なぜかこの豆ご飯が苦手だったようです。

母が夕飯にこれを炊くと 憂鬱になったことを ぼんやりと覚えています。(笑)

豆ご飯

 炊きたて豆ごはん Cooked by Marie 

子供の頃の味覚はまだ未発達なのでしょうか 今は大好きな大根の煮物も

苦手だったことが不思議です。ですから その当時 豆ご飯におかずが

大根煮だった日には 幼な心に相当落胆したと思います(笑)

子供にとっての晩ごはんのメニューはその日一日の幸せを

左右するぐらい大事なものなのに、、、(大げさ?)

とは言え母の躾は厳しかったので 好き嫌いは許してもらえず

泣く泣く食べていたのでしょうね、、、その頃は(笑) 

どんより顔のちびまるこちゃんのイメージと

自分がなんとなくだぶって浮かんでしまいます。(笑)

ちびまるちゃん  カット豆ごはん
★ とほほ 今夜は豆ごはんかぁ~ ★


それでも 家族で夕餉の膳を囲む情景は何事にも替えがたい幸せの象徴ですね、、、

今夜は そんなことを考えながら 豆ご飯を炊いてみました。もち米を混ぜて おこわ風に

出来上がりは上々、口に運ぶと豆の香りと甘みがひろがって 季節の味に舌鼓をうちました。

この美味しさが解らなかったなんて、、、懐かしい思い出になんだか可笑しくなりました。

。。❁。。


瑞江別枠Ⅱ

✿2007年ノスタルジア展描き下ろし作品<縞>三連作の一枚✿
 <京都のとあるお家にお嫁入りしました 淋しい…>



※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。