永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅葉の東寺弘法さん
003東寺2014.11.21ブログ

秋たけなわ紅葉シーズン

東寺の弘法さんへお参りしてきました。

庭園内のもみじの朱が鮮やかに

五重の塔に彩りを添えていました。

このアングルは絶好の撮影スポットなので

カメラを構える人もやはり多いですね。


004東寺2014.11.21ブログ


参拝客で賑わう境内からも

素敵なショットが撮れました。

露店のカラフルなのぼり旗と

金色の銀杏がいい感じの一枚。


落葉が始まると、そろそろ季節は

晩秋から初冬へと移り変わります。

来月はいよいよ終い弘法です。



<永倉万里江「花乙女座」はコチラから>
newhpbana.jpg


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は
全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。



スポンサーサイト
秋の京都でジャポニスム満喫
005京都近代美術館ブログ  012京都市立美術館ブログ

京都岡崎公園内に向い合って立つ

近代美術館と市立美術館

最近は展示内容を連動させた企画も多いようです。

今回は共にジャポニスムに関わりの深い展覧会

ホイッスラー展とボストン美術館展

見応えのある展覧会をはしごするのは

結構体力がいるのですが折角なので…

006ブログ


ホイッスラー展はお目当ての美しい女性の絵が案外

少なく、むしろエッチングの小作品が充実していましたね。

私的にはボストン美術館展の方が楽しめました。


011ブログ


浮世絵と対比させた展示も興味深く、今回特に

広重の構図の妙と斬新さを再認識させられました。

東洋の一小国である日本の絵師たちの美意識が

いかに西洋美術に大きな衝撃を与えたのかを

あらためて納得し何だか誇らしくなりました。


015ボストン美術館展ブログ


折しも秋の京都 色づき始めた紅葉を眺めながら

四季の移ろう美しく豊かな自然に恵まれているからこそ

私たち日本人は世界に誇れる感性を持ちあわせることが

できるのではないかとぼんやり考えてしまいました。



<永倉万里江「花乙女座」はコチラから>
newhpbana.jpg


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は
全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。


菊花の候
008菊展示会ブログ

秋深まる今日此の頃。

地元恒例の菊花展示が始まりました。

園芸家の丹精込めた見事な大輪の花が

一堂に並ぶ様はなかなか壮観です。


006菊人形ブログ


小菊の衣を纏った菊人形もお目見え

この技を持つ職人さんの数も少なくなりました。

途絶えず継承していってもらいたいものです。


045糸菊ブログ


管物 細管の白菊

優雅で美しい


037ブログ


ボリュームがあって豪華な厚物

一口に菊づくりと言っても様々な品種や

育て方があってなかなか奥深い世界のようです。




<永倉万里江「花乙女座」はコチラから>
newhpbana.jpg


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は
全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。