永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
東寺 不二桜
東寺不二桜横長ブログ



東寺の庭園にそれは見事な枝垂れ桜の大木が移植されたのは

平成18年のこと。"不二桜"と銘名された樹齢120年のこの

八重紅枝垂れ、生まれは岩手県盛岡市だそうです。

故郷を離れはるばるやってきた京の都での今年は七回目の春。


東寺不二桜FB1


毎年なかなか花の見頃に出会えなくて残念に思っていましたが

今年はやっとご縁が繋がった様です。遂に昨日 満開の美しい

姿を初めて拝見することができました。素晴らしい!!の一言!

春の女神の様な麗しさに、ただただ圧倒されてしまったのでした



<永倉万里江「花乙女座」はコチラから>
new_topbana.jpg


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。


満開の桜と望月の出逢い
祇園紅枝垂れブログ
<祇園夜桜>


毎年花見はすれども、ちょうど満開の時期と満月が

重なる幸運に巡りあうことは滅多にないものです。

今でも忘れられないのは京都円山公園の紅枝垂れと

東山から昇る満月との幻想的な情景。思わず息を

呑んでその場に立ちすくむ程の美しさでした。

この絵はその感動を表現したくて、もう随分昔に

描いた50号の日本画です。画力はまだまだ未熟な

作品ですが、母と共に見上げた幸せな頃を思い出

させてくれる私にとって大切な一枚です。




<永倉万里江「花乙女座」はコチラから>
new_topbana.jpg


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。


今年の桜は…
ブログ用


今年の桜の開花は観測史上二番目の早さとか。

東京では既に満開を迎えているというニュースに驚いています。

関西ではそろそろといった具合ですが、不安定な天候が

続いているので見頃を逃さないように注意が必要です。

毎年この時期はこんな風に桜の花が気に掛かって落ち着きません。

その折々の心の有り様で 花の美しさは違って見えるように思います。

何の屈託もなく晴々とした気持ちで見上げることができたなら…

今年の桜も私の心には淋しく切なく映りそうです。



<永倉万里江「花乙女座」はコチラから>
new_topbana.jpg


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。




雅な京都のお雛様
田中彌ウィンドウブログ
右近の橘 左近の桜。ぼんぼり、白酒 菱餅も


今日から弥生三月明後日は桃のお節句です。

この時期 京都の街を出歩くと雅やかなお雛様のディスプレイが

目を楽しませてくれます。京都大丸からほど近く四条通りに面した

京人形の老舗"田中彌"。 立派なショウウィンドウに飾られた

お雛様たちのそれは上品で可愛らしい姿に つい歩を止めて

暫し見入ってしまいます。素通りなんてもったいなくて!

お雛様1
こちらは御所風の立ち姿

昨年の記事でも触れましたが やはり男雛を向かって右に置く

京風の「古式」飾り。東京のデパートなどでは逆の配置なのでしょうね。

こんなところにも千年の都に暮らす京都人の誇り高き拘りを感じます。


田中屋ウィンドウ2ブログ
可愛い立雛の数々。色紙にも桃の花とお雛様が


<永倉万里江「花乙女座」はコチラから>
new_topbana.jpg


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。