永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
❁思い出の授業~日本伝統色の研究❁
日本伝統色1
上村松園画 伊勢大輔(いせのたゆう)
永倉万里江模写


芸大時代の選択科目に「日本伝統色の研究」という講義がありました。

その世界の権威であった長崎盛輝教授のユニークな授業は今も懐かしい大学の

思い出として残っています。講義というより実技の時間と言った方が良いでしょう。

授業が始まるとまず黒板に教授の持参した色見本が毎回何枚かずつ張られます。 

学生達はおのおの持ち込んだ絵の具を混色して その見本通りの色を時間内に

作り出すことに苦心したものです。出来上がった色を直接教授に見て頂いてOKが

出たら その色を画用紙に塗り付けてストックしてゆきます。そうして数ヶ月間の

講議に毎回出席して貯めた各自の色見本を使って一冊の図録を作成するのです。

バインダー形式のアルバムを利用して 決められた項目に色見本を切り張りして

完成させます。学期末にその作品を提出すれば単位を取得できるシステムでした。

中身の構成は色系統別 重ねの色目 十二単 鎧の縅 繧繝模様など どれも大変

興味深い内容で四季折々の自然の美しさに培われた日本人の繊細な色彩感覚に

あらためて感嘆させられます。自分が日本人であることを誇らしく思えるほどです。

教授が「私の授業で学びながら作り上げたこの図録は君たちの宝物になるでしょう。

卒業後もずっと大事に保管して下さい。」とおっしゃっていたことを今も覚えています。


日本伝統色系図1


十二単ミニ    重ねの色目

今見ても とても参考になります。大学時代の私の財産となりました。


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。


 
スポンサーサイト
❁雅びな京土産 石黒香舗オリジナル匂い袋❁
にほひ袋ブログ用

。。❁  ❁。。

久しぶりに再会した友人たちを案内して 京都街中をぶらり歩き。

お土産を探しがてら 御香・におい袋の老舗 石黒香舗 に立ち寄ることに。

こじんまりとした店構え 初めての人には少し入りにくい印象かもしれませんが

店内には求め易い品も並んでいますので ご心配無用です。(笑)

こちらのお店で人気なのは オリジナルのにおい袋をその場で作ってもらえること。

まず 最初に袋の生地を友禅布西陣織のいずれかの内から選びます。

沢山の色柄の生地の中から気に入った袋をチョイスしたら あとは中に詰める御香を

白檀、並香、特製香、極上香の4種から決めます。最後に袋の口を縛る

基本白色のものがセットになっていますが 50円アップで好きな色のを選ぶことが

出来ます。私的には の色まで配色にこだわって完成させるのが楽しいですし 

よりオリジナリティーが出るのでお勧めですね。お香のこともスタッフの女性が丁寧に

説明してくれるので そのアドバイスを頭に置きつつ自分の好みの一品に仕上げて貰えます。

お値段的にも四百円位からと 手頃なことも嬉しく プレゼントにするにも大変重宝します。

店内に一歩踏み入れるや 芳しい香木の香りに包まれて 身も心も清められる様な心地よい

時間をすごせますので 京都を訪れた際には 是非体験してみてはいかがでしょうか…

。。❁  ❁。。


ブログ記事

私は今回招き猫柄の友禅に朱色の紐を選んで作りました。
友禅布に組み合わせるお香は一種類に決まっています。
西陣織の袋で作ると 格調が高くなり贈り物に最適です




お疲れ様でした★PIXUS MP950
風ブログ


六年近く使ってきたキャノンプリンターが とうとう動かなくなってしまいました。

オールインワンタイプで重宝していたので つい酷使してしまっていたと思います。

機械と言えど 苦楽を共にしてきた(?)戦友みたいなものなので 即お払い箱

するのが忍びなく思えるのは 私がやっぱり古いタイプの人間だからなんでしょうか…

とは言っても現実問題 修理にかかる労力と費用を考えると 新しい機種を購入する

ことを選択せざるをえなくて…仕方なく電気店に物色に行ってみることにしました。

店頭に並ぶ新しいモデルは形もコンパクトで軽量であること!電気製品は

どんどん使い易くモデルチェンジされてゆくものですから当然ですけれど…

あれこれ迷った挙句 やはり使い慣れている同じキャノンの機種を選ぶことにしました。

価格も前回購入時に比べてかなり求め易くなっていたのは ちょっと嬉しかったです。

早速その場で購入手続きを済ませ 今週末に配達してもらう手配をしてきました。

それと同時に 壊れたプリンターの引き取り(有料)の依頼も…ごめんね 戦友プリンター君

今まで 本当によく働いてくれたね。せめてこうしてブログに取り上げることで納得してくれるかな…

人格のない機械に対して こんなこと考えている内に 何故か清水玲子の漫画「メタルと花嫁」

思い出してしまいました。 人間の使役用として作り出されたロボットが 主人である人間の愛情

によって やがて感情を持つようになる物語。人に似せたヒューマノイド型ロボットだから

余計にそうなのでしょう。プリンターから 話がちょっと飛躍しすぎてしまいましたね。(笑)


PIXUS MP 950ミニ PIXUS MG5130ミニ
戦友PIXUS MP950       新機種PIXUS MG5130


余談ですが ピクサスの語呂と映画「ブレードランナー」に登場するレプリカント

機種名ネクサスって似てますよね。あれも アンドロイドが感情を持つ物語でした。

あ~なんだか切なくなってきたりして…(ノ_-。)


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。
★20011 梅干完成★
青衣ブログ


❁・・❁

今年も何とか 梅干が出来上がり ほっとしています。土用干しは今年天候が不安定で

いつ何時雨が降り出すか読めなくてベランダに出したまま外出できずに苦労しました。

その代わり近年の日差しの強さは半端ではないので案外短時間でも十分干し上がります。

漬けた梅を天日に当てることで 皮が柔らかくなり薬効成分が増すのだとか…

毎年青梅が出始める六月頃から梅の実の見極めや日程が気になりだし、無事漬けることが

できるか心穏やかではないのでやっと一安心といったところです(笑)大袈裟な様に思われるかも

しれませんが 梅干の出来不出来で吉凶を占うと 幼い頃から母に聞かされて育ちましたので 

どうしてもこだわってしまうのです。あながち迷信とも思えないことを 実際に体験していますので 

尚更神経を遣います。もっと気楽に漬ければ良いのですが 何せ験担ぎの性分なもので…(笑)


❁・・❁


11梅干     11梅干できあがりjpg
梅酢から上げた状態                          天日干し完了!

2kgでだいたい60個ぐらい。一緒に干した紫蘇は粉砕して自家製ゆかり粉に。おむすびに重宝します


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。



男の浪漫ビンテイジ・ハーレー
ツーリングブログ
1954 FL 50th ANNIVERSARY


私の作品に登場するバイクは ビンテイジ・ハーレーダビッドソンなんですよ~♪(* ̄ー ̄)v

これには ちょっとしたエピソードがありまして…

’01”龍神降誕”展の折でした。ギャラリーにふらりと入ってきた 黒ずくめの長身の壮年男性。

一見 強面の妙に迫力のあるその人は 黙ったまま静かに作品を鑑賞し始めました。

只者ではないオーラが漂い 何となく近寄り難かったのですが その手には案内ハガキが…。

私の作品をわざわざ観に立ち寄って下さったお客様なら やはりご挨拶くらいは

しておかなければと 思い切って話しかけてみることにしました。

その日たまたま昼食をとりに入った蕎麦屋でこの案内状を目にしたのだそうでした。

雲龍を背景に太刀を構える黒装束の男性のイラストが ご自身の若かりし頃 空手の鍛錬を

していた時の姿形に驚くほどそっくりだったことに興味を引かれ 是非原画を観てみたくなったのだと…。


龍神降誕ミニ     龍神降誕別版

聞けばその昔 単身アメリカへ渡り 現地ミュージシャンのボディガードも経験したこともあるとか。

他にもまだまだ武勇伝のありそうなその御仁の正体とは…?誰あろうハーレーの愛好家なら

知らぬ者のいない老舗モーターサイクルショップ船場SEMBAの社長だったのです!…とは言っても 

その時の私はハーレーはおろかバイクの知識にすら ずぶの素人でしたから そんな大物と知って

仰天したのは後日のことでしたが…(笑)実際に話をしてみると思ったよりフランクな方で 私の絵を

至極気に入って下さった様子でした。画題の参考にと 数日後ハーレーの写真集やショップ関連の

資料をわざわざ送って下さいました。今まで知らなかったビンテイジ・ハーレーダビッドソンの世界。

屈強な男達を虜にする その魅力を垣間見ることができた気がします。車体のフォルムとカラーが

独特で 絵のモチーフとしても確かにおもしろいので早速取り入れたイラストを何点か描いています。

その後も何度かイベントの度に案内状をよこして下さったのですが あいにく顔を出せずじまいで

申し訳なく思っています。実物を拝見できる機会があれば是非写生してみたいものです。

大画面に実物大の車体と若い男前を組み合わせて描いてみてもいいなと密かにイメージを温めては

いるのですが…。そんな女らしからぬ作品を描いてみたいなんて考える 私ってやっぱり変ですかね?(笑)


ハーレーⅡ ハーレーブック ハーレーⅢ



※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。






 

心癒す 薫香を求めに京都まで…
昨年 高野山で灯明供養を申し込んだ折に頂いたお線香”別伝曼珠”

その気品ある薫香がすっかり気に入ってしまい 桐箱の中に入っていた

一枚のを頼りに 京都の御香の老舗 財木屋(ざいきや)まで出かけてきました。

丁度初盆を迎えることもあって どうしても同じものを手に入れたくなったのです。

にはこんな文も添えられていました。 

”香りを文字や言葉で説明することは、仲々に難しい事でございます。心から心へ伝わる様な

御香をと願い調合いたしました。教外別伝、聞香の上ご愛用の程お願い申し上げます”

❁❁❁

予めネットで検索していたのですが 外観はモダンな佇まいで 初めてでも入り易く

ホッとしました。京都の老舗というと 敷居が高くて緊張するイメージがあるもので…(笑)

一階店舗は奥行きのある明るいスペース。すっきりとしたディスプレイで商品をゆっくり

選ぶことができます。お目当ての”別伝曼珠”以外にも様々な種類の御香が並んでいて

興味津々❤他にもろうそく関連のグッズも充実していて 炎の揺らぎで蓮の花模様が

浮かび上がるキャンドルスタンドも購入することに。遠路はるばる足を運んだ甲斐がありました。

❁❁❁

その日の京都は厳しい残暑で 歩き回るうちに思わずかき氷が食べたくなって 

三条の京はやしやへ駆け込み 今年初めての宇治氷にありつきました。

それにしても 一人では食べきれない程のこのボリュームと言ったら!!∑(⌒◇⌒;)

おかげですっかり 汗も引き 冷え冷えとなりました(笑)


宇治氷ミニ
トッピングに抹茶ソフト

糟糠の妻 北政所ねね
ねねブログ



’99年に発刊された阪急沿線歴史街道図鑑というムック本は沿線ゆかりの歴史的人物を

紹介する記事に数名のイラストレーターが絵を添える なかなかユニークな一冊でした。

私が担当したのは 紫式部 在原業平 北政所ねね モラエス・ヨネの4エピソード。

その中から今回は 北政所ねね をご紹介しましょう。

秀吉を支え続けた糟糠(そうこう)の妻ねね…はて? 糟糠の妻とは如何なる意味ぞや (・_・?)

「糟糠(そうこう)の妻は堂より下さず(後漢書・宋行伝)」 「糟糠」とは「かす」や「ぬか」のことで、

粗末な食べ物を意味し、貧しい時代、苦労をともにしてきた妻は、後に偉くなり出世しても

家から追い出すようなことをしてはならない。という中国の故事から由来する意味だそうです。

ねねの生涯を考えるとなるほどと頷いてしまいます。天下人となった夫の寵愛と権力は

側室淀君に奪われたかに見えますが 真の夫婦の絆は終生変わることはありませんでした。

秀吉糟糠の妻ねねに寄せる信頼と安心感。最後は正妻の勝利と言えるのでしょうか。

とは言え 結局子宝には恵まれず豊臣家の滅亡を見届けることになった 北政所ねね

高台寺で夫秀吉の菩提を弔う隠棲の日々の内に 妻としてではなく 一人の女性として

ねねの胸に去来するものは果たしてどんなものだったのでしょうか…



ブログ用
❁掲載ページより

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。



朝顔の花と夏の思い出
朝顔ブログ
<色紙に描いた朝顔の花>


朝顔に つるべ取られて もらい水  加賀千代女(かが の ちよじょ)

朝、井戸に水をくみに来てみると、朝顔のつるがつるべに巻きついていて水がくめない。

切ってしまうのもかわいそうなので、近所に水をもらいに行くことにした。 

※「つるべ」=つなの先におけを取りつけて、水をくむようにしたもの。


朝顔と言えば この有名な俳句が浮かびます。その名の通り 朝開くと夕には萎んでしまう 

そんな儚い花の命をいとおしむ なんとも ほのぼのとして心優しい情景が詠まれています。

夏の早朝に咲く朝顔の清々しい美しさは 何故か子供の頃の懐かしい記憶を呼び覚まします。

夏休みのラジオ体操に出かける道端に咲いていたことや 宿題の観察日記のこと…

小さな種から発芽すると 双葉が開き 次第につるが巻きついて… 花が咲くまでの成長ぶりに

毎日わくわくしたものです。花が終わった秋に枯れた鞘から種を取り出す時 来年またこの種から

綺麗な花が咲くのだという 命の連鎖の不思議を子供ながらにも感じていたように思います。




※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。



夏の風物詩 花火に浴衣ですが…
花火ブログ



この春オープンして何かと話題の大阪ステーションへ 昨日初めて立ち寄ってきました。

土曜日のせいもあって人混みはハンパでなく 前もってリサーチもせず飛び込みだったもので

自分がどこをどう歩いているのやら 訳がわからない状態には参りました(笑)遅い昼食を

どこでとるか迷った揚句…結局 馴染みのラーメン屋に落ち着くことに。案外そんなもんです(笑)

久々の繁華街の人混みの中 何故か浴衣姿の若い女性がやたら目に入ると思っていたら

どうやら近郊で花火大会があるようでした。夏の風物詩 花火っていいものですね。

その為に浴衣でお出かけするのは素敵なんですが 近頃の浴衣の賑々しい色柄と言ったら…

加えて女の子たちの化粧の濃さにも絶句!特に なんでそこまで…という程のアイメイク( ; ̄◇ ̄)

涼しげな浴衣美人には なかなかお目にかかれそうもないなと溜息まじりのその時 

目の前を 濃紺(もしくは黒だったかも)の地色に白い大柄の花模様の浴衣に博多帯を

きりっと結んだ長身の女性が通り過ぎてゆきました。髪もすっきりアップに結ってあるだけで

大仰な髪飾りもつけず 足元もあとまる型の塗り下駄紅色の鼻緒というシンプルなスタイル。

あいにく後姿だけしか拝めませんでしたが 全体の醸し出す雰囲気から 絶対美人に違いない!

と勝手に確信するのでした(笑) 乙女たちよ たとえ浴衣といえど和装の時くらいは せめて

もう少しメイクダウン ナチュラルビューティにね って要らぬお節介でしたかしら?


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます

”白の世界”との対話  桑山忠明展
白描Ⅱ



大阪 国立国際美術館にて 桑山忠明展が開催されています。今回のテーマは”WHITE"

展示室はタイトル通り”白”のみの世界。パネルに鳥の子という和紙が張られ 白のアクリル

絵の具でペイントされただけの作品群。この美術館の持つ贅沢な空間を これほどまでに

単一なイメージでまとめ上げたインスタレーションは かつてなかったのではないでしょうか。

単一というよりトータルと言ったほうが良いかもしれません。大抵の観客は 展示室に足を

踏み入れた途端 これが作品なのかと戸惑う様です。中には この白い画面は彩色される

前の未完成のものなのかと真剣に勘違いする人がいるのも 無理もない気がします(笑) 

私も どちらかと言えば 現代アートの難解な世界は苦手なのですが 今回のこの桑山氏の

作品には 不思議に拒絶感を感じません。清澄な緊迫感と静寂が 空間全体を満たして

いるせいでしょうか… めくるめく豊かな色彩の世界とは真逆であるからこそ観る者の

心模様のまま 自由にイメージを喚起させられる ”白” の不思議なインパクト。

受け止める側の感受性が問われるところ…と言うと ちょっと嫌味に思われそうですが(笑)

大きく三室に分かれ それぞれの展示室毎にパターンが変化してゆきます。パネルの大きさ

目線の高さ 張りつけられた和紙の様相も次第にさざ波が寄せる水面(みなも)のように

見えてきます。マチエールに和紙を用いていることや 作品の持つ平明で東洋的な静寂感は 

やはり日本画科出身であることに起因している…とは私の勝手な思い込みですけれど。

一人きりでこの作品群と対峙していると まるで禅問答を交わしている様な心境に陥ります。

”白” から連想するイメージ 浄化 無垢 神聖 そして生と死… そんなことに思いが

巡るのは 多分私の心が肉親を亡くした哀しみと虚しさを抱えているからかも知れません。


WHITE.jpg
展示室透視見取り図☆ 
現地で鑑賞して初めて この図面の意味が解ることでしょう。

☆・☆・☆

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。

もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。


ひんやり 夏のおうちデザート❤
夏デザートブログ


☆・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆


毎日 暑いですね~。この時期の挨拶文句といったら これしかなくて…(笑)

近頃 おうちカフェとか言うらしいんですね。私が今 はまっているのは抹茶アイスクリーム

にひと手間かけた 簡単ひんやりデザート 抹茶アイスに市販の冷やしぜんざい

合わせるだけなんですが 単品でいただくより絶対におススメです!!

冷やしぜんざいは三連カップ入りで250円くらい。食べ切りサイズなので便利なんです。

メーカーによって甘みと濃度に多少違いがありますが 1カップあたり100㎉までのものが 

さらっと甘み控えめで美味しいです。抹茶アイスもラクトアイスを選べば カロリーを抑える

ことができますが お好みの銘柄を選んでください。更にこの二品に 寒天を組み合わせる

だけでグレードが一気にアップします。粉寒天を利用すると 簡単に作れます。

ガラスの器に寒天を盛り 黒蜜を(これがポイント)少々かけて あとは抹茶アイス

冷やしぜんざい
を添えれば お店で出されるものに負けない一品の出来上がりです

この冷たいデザートには 案外温かな緑茶がよく合います。 是非お試しあれ!


☆・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆
☆今日は八朔 その謂れは…
コウショッキ



今日 八月一日は 八朔と呼ばれて 祇園の舞妓芸妓が挨拶回りをする様子が

例年テレビで紹介されますが 夏の儀礼的行事くらいにしか知識はありませんでした。 

今日も やはりNHKのローカルニュースで取り上げられていたので興味が湧いて調べてみました。

八朔(はっさく)とは八月朔日の略で、旧暦の8月1日のこと。この頃、早稲の穂が実るので、

農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあったことから、「田の実の節句」ともいう。

実りに感謝した祈りの日は、花街では「頼み」に変わり、日ごろお世話になっているお茶屋や

師匠に挨拶をして回る慣わしとなった… ということだそうです。 この暑い最中 正装した 

舞妓さん芸妓さんの姿に さぞ暑いんだろうな(笑)ご苦労様 と思いながらも何故か逆に 

しゃきっとした清々しさを感じるのは不思議です。やっぱり気合のせいなのでしょうか?

舞妓といえば お気に入りの絵があります。黒紋付で正装した三人の姿を描いた寺島紫明”舞妓”

紫明の美人画は 上村松園の作品とは また異なったゆったりとした魅力が私は好きなのです。 

私自身 いつか舞妓を描いてみたいというのは一つの願望として 心の中に秘めていることです。

母が生前 「一度は 舞妓さんを描いてほしいなぁ」と呟いていたことを思い出すと切ないですが

お座敷に舞妓を上げて ゆっくりスケッチできる様な そんな出世がしてみたい!!なんてね(笑)

。❁。❁。❁。


寺島 紫明
寺島紫明 <舞妓>
左側は16才ぐらいのかけ出し舞妓 真ん中は17,8の円熟期、
右は20才くらいで舞妓の段階を終え これから芸妓として立って
いく前の舞妓。画面の構成上三人を並べた   (作者談)



※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。