永倉万里江 Jasminz Press<ジャスミンズプレス>
レトロモダンな美人画を描くイラストレーター永倉万里江の近況など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~さをり~それぞれの 夢を紡いで…
さをりテディ

吉村美穂さん和江さん母娘二人展 
<於 さをり集ぎゃらりい >


"さをり織" このやさしい響きの織物について ほとんど知識のない私でしたが、
先日実際に作品を拝見させて頂く機会を得ました。

まず印象的だったのは 色彩の豊かさと作品全体から発せられる"喜び"の
オーラでした。
作り手本人が心から楽しんで織り上げていることが伝わってくるのです。


さをり織


お母様の和江さんが さをり織の魅力は第一に技法が難しくなく誰にでも自由に
自分の思うように表現できることだと解説して下さいました。

使用する織糸も木綿、麻、絹から化繊まで自由に組み合わせることができるのだそうです。

始めからエスキースの様なものは特に考えないでその時々の心の赴くままに織り
上げてゆく内に作品が完成するのだとか…

そう話す表情がとても楽しげで、さをり織に対する愛情があふれている様でした。

作品を創っていく上での苦労はもちろんあるはずですが、むしろそれすら楽しんで
いるような感じを受けました。



さをり織母


眉間にシワを寄せて(?)生み出される難解なものだけが芸術ではなくて 自然体の自分を解放させるかの様な表現世界があってもよいのだとあらためて考えさせられました。

和江さんの作品は黒を基調としたシックな趣きがあるのに対して 娘の美穂さんの世界は明るい色彩が音楽を奏でている様で 親子でもそれぞれ違う個性の響き合いを楽しむことができました。

さをり織に興味のある方は見学だけでも体験受講もできるとか 教室も各地にあるようですので参考まで…


SAORI


<追 記>
さをり織は四十年前 大阪で生まれたまだ新しい技法です。
創始者の城みさをさんはなんと御齢九十七才!いまだ現役で活動されて
いらっしゃるそうです。
そのパワーの源は やはり美しいものに関わる情熱と喜びではないでしょうか。
さをり織の愛好者の輪が広がってきているのには みさをさんの慈愛に満ちた
精神に拠るところが大きいように思います。
小手先のテクニックよりもその人の持つ未知の能力や感性を引き出し育てることを何より大切にしているからでしょう。

それにしても地元関西発祥のアートだったことを知って少し嬉しくなりました。
まだまだ自分の知らない"美"の世界があるのだと思うと これからも新しい
出会いが楽しみになりました。


スポンサーサイト
花咲けど 心淋しき …
パンジーブログ用1


久しぶりに散歩に出かけてみました。

家の中にこもりがちになっていると解らなかった春の息吹がそこかしこに…

大好きな白木蓮は既に満開となり 沈丁花や馬酔木も人知れず

可愛い花を咲かせていました。 桜の蕾もそろそろといった具合

世の中がどんなに大変な状況にあっても 自然の営みは変わりなく

季節は巡り花は咲く…

ちょうど昨年の今頃だったか 珍しく父と散歩したことを思い出します。

高齢の上 持病のせいもあってゆっくりとしか歩が進まない父と

咲き始めた桜の花を見上げながら

あと何回こんな風に一緒に桜を眺められるのだろうと思ったものでした。

その父も…

今年は本当に寂しい春になりました。

ブログ再開の折にも触れた 一期一会のこころもち

花の咲くこの季節 無邪気に心弾んだのはいつ頃までだったのか…

今はただ切なく懐かしく想うばかり

つい感傷的になってしまうのは

やはり桜の花のせいでしょうか… 


花舞ー翠Ⅱ


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。

「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展
レディ・リリスⅡ
<レディ・リリス>


ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ画<レディ・リリス>の美しいポスターにつられて京都伊勢丹で開催中の「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展へ行ってきました。
バーン・ジョーンズと並んで象徴派・耽美派の美術を好む者にとってはお馴染みの画家です。一時期この手の絵画や文学に興味を持って書物を探したり展覧会に足をはこんだりしたものです。
ロセッティの描く美女は一目で彼の作とわかります。少ししゃくれぎみの輪郭、潤んだ瞳と厚みのある独特なカ-ブを描く花のようなくちびる、どちらかといえば中性的な顔立ちです。私好みの涼しげな美貌とはいえませんが 濃密な色香が漂う美女にちがいありません。
この<レディ・リリス>、原画を見るまで油彩画だとばかり思っていたら水彩と顔料で描かれていたんですね。ちょっと驚きでした。
バーン・ジョーンズの描く人物の方がどちらかといえば端正で私には好もしく、特にモリスと組んだ装丁のイラストレーションには強く惹きつけられます。彼の後にビアズリーが続く訳ですし…
他にもこの系譜に属する画家はいるのですが、今回の展覧会ではこの二人の作品以外にはいまひとつ魅力的なものが見当たらず、ウィリアム・モリスの図案デザインも点数的に物足らない印象でした。これはあくまでも私の感想ですので悪しからず…
ただ、ラファエル前派の傾向と物語性豊かな世界に触れるにはそこそこの内容といえるでしょうか
それにしても<レディ・リリス>のポストカードが販売されていなかったのは意外というか残念でした。
せっかく記念に買って帰ろうと思っていたら当てがはずれて…絶対に売れ筋なのに!(笑)もしかしたら会期が27日までなので既に売り切れていたのかもしれませんね。
余談ですが、ずっと以前に葉祥明氏が私の描く女性は大正時代の美人と西洋人のクォーター(?)のようだと評されたことがありましたっけ…
考えてみたら、この世界で絵を描くようになるまでに、洋の東西を問わず影響を受け吸収してきた様々な要素が作品(顔)に現れているということかもしれません。

ビアズリー風Ⅱ


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。
~ありがとう…アンパンマン~
前回のブログでご紹介した特集企画は、昨年ちょうど精神的に一番辛い日々を過ごしていた頃に舞い込んだお話でした。
その時真っ先に頭に浮かんだのは、アンパンマンのことでした。アンパンマンが私を励ましてくれようとしている…勝手な思い込みかもしれませんが、何故かそんな気がしたのです。
アンパンマンミュージアムには、今は亡き母と一緒に訪れた懐かしい思い出があります。
飛行機嫌いの私たち親子は、JRを乗り継いで車窓からの眺めを楽しみながら初めての高知へ…
オープンしたばかりのミューシアムに目を見張りながら「やなせ先生にはお子さんがいらっしゃらなくても、アンパンマンというこんな親孝行息子がついているんだもの」と母が呟いていたことを思い出します。 
今年七月でアンパンマンミュージアムは開館15周年を迎えるのですから あれからそんなに月日がたったのかと思うと切ないような不思議な気持ちになります。

今回 学芸員の仙波さんが私の辛い状況を気遣って、締め切り期日にゆとりを持たせて下さったことは大変有難かったです。おかげでゆっくり取り組むことができて助かりました。
左頁にはインタビュー記事と関連画像を配し、右頁には私自身の自由なテーマで選んだ作品を一点、コメントと共に大きく掲載していただけるということでした。
右頁に載せる作品をどれにしようか迷いましたが、三月に発行予定という時期に合わせた画にすることにしました。


瑞兆特集記事
< 瑞 兆 >

2008年、賀状用に描き下ろした作品ですが、今回の掲載時期に
ぴったりな雰囲気なので選びました。女性の明るい表情が幸せ
を感じさせる良い出来映えになったと思っています。       ・

※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。

★やなせたかし記念館NEWS★
アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館の美術館だよりとして季刊発行されている<やなせたかし記念館NEWS> 
毎号「詩とメルヘン」にゆかりのあるイラストレーターを取り上げるコーナーに この度特集を組んでいただきました。その記事をここでご紹介させていただきます。


特集ブログ用�


イラストレーター 永倉 万里江 特集


今回は、上品で凛とした人物と精巧な背景描写が印象的なイラストレーター、永倉 万里江さんです。永倉さんは1990年第10回「詩とメルヘン」イラストコンクールで佳作賞を受賞後、同誌にてデビューされました。日本画を素地とした独自の表現方法で現代の若者を瑞々しく描く、永倉さんの作品世界をご紹介します。

メールdeいんたびゅー

入選作”


<詩とメルヘンとのかかわり>

月刊詩とメルヘンとの出会い
大学を卒業した頃だったか書店でやなせ先生の表紙画が目に入り、
手に取ったことが始まりでした。イラストコンクールのこともその時初めて
知りました。チャレンジするのはずっと後年のことになりますが…

イラストコンクール投稿時、また受賞された時の思い出
イラストコンクール授賞式会場が当時オープンしたばかりのピューロランド
だったことが鮮やかに印象に残っています。式の前に貴賓室で受賞者と
やなせ先生との顔合わせが設けられて、それぞれの作品に対し先生から
の寸評がありました。私には”君の絵はこれ以上大衆的な悪い方向に行
かない様に気をつけなさい”という辛口のアドバイスだったと思います。

「詩とメルヘン」で印象に残っているお仕事
入選後初めての本誌でのお仕事が歌人の山崎郁子さんの短歌にイラストを描くというものでした。この共演がきっかけとなり'93年開催の初個展でも彼女の短歌と私のイラストのコラボレーションが実現したのですが、思いがけないことにその作品が誌上で特集を組んでいただけることになり大変嬉しかったことを思い出します。

<イラストレーターとして>

幼少期について
テレビを見るのが大好きな子供だったような(笑)どちらかと言えば
女の子らしいことより男の子っぽいことに興味があったみたいです。

絵を描き始めた頃
絵を描くことは幼い頃から自然に身について得意なことでしたが、本格的に
絵の道を目指そうと意識したのは大学進学の時だったと思います。

大学の日本画科に進まれたきっかけ
日本画の持つ清澄な美しさと繊細な表現技法に魅力を感じていましたから…母方の祖父が日本画家だったというDNAのせいもあるかもしれませんね。あいにく母と祖父は複雑な事情があって生き別れとなっていましたから、私自身も赤ん坊の時一度会ったきりとかで…

プロになろうと決心した時期
イラストコンクールに入選した時からです。私の人生のターニングポイントになったと思っています。

影響を受けた画家
美しい女性を描く上で一番尊敬している画家はやはり上村松園ですが、他にも琳派、東山魁夷、レオナール藤田、ミュシャ、ビアズリー、ギュスターブ・モロー、etc 正統派からエキセントリックなものまで幅広く。

モチーフのイメージやアイデアの源について
髪型やファッションは雑誌や映像を資料としてストックしておいて、その都度チョイスします。モデルは使わないのですが、難しい構図の時などは鏡の前でポーズをとったり苦労しますね。あとは風景や花はスケッチすることもありますが、写真に撮っておくことが多いです。

画材、画法について
今までイラストボードにガッシュという手法で描いてきましたが、また日本画の画材を扱ってみようかとも考えています。

イラストレーターとして心がけている事など
感性が鈍くならない様にいろいろな物事に大して好奇心を持ち続けていたいですね。

<現在~未来>

作品の制作スタイルについて
まずテーマや目的を決めてから作品に取り掛かるタイプだと思います。昨年相次いで肉親を失う不幸に見舞われ、このところすっかり絵筆を握っていませんが、何とか立ち直って創作を始めようと思っているところです。

今後挑戦してみたいこと
私自身が本当に納得のゆく本格的で美しい画集を作りたいです。初出版が苦い思い出しか残らなかったので今度こそはと思っていますが、焦らず慎重に機が熟すのを待つつもりです。それからもう一度初心に戻って、日本画に取り組んでみようかとも思っています。


特集頁ブログ特集ブログ�


今回の特集を組んでいただくに当たって、学芸員の仙波女史には大変お世話になりました。ありがとうございました。






いろはにほへと…
携帯撮影画像
<東寺~今日の風景~>

今日は二十一日 東寺の弘法さんに出かけてきました。
お彼岸の中日(春分の日)も重なりましたが、あいにくの空模様のせいか
いつもより出店の数も人出も少なかったようです
やはりこの時勢 被災地への支援を呼びかけ募金箱を抱えてそこかしこに
佇む僧侶やボランティアの姿が目立ちました
いつもの様に護摩木を求めに不動尊前のテントへ行くと、今日はそこで参拝者にプリントが配られていました。
”弘法大師さまのおことば”と題した”いろは歌”とその解釈文のコピーでした。
                
色は匂へど散りぬるを

我が世誰ぞ常ならむ

有為の奥山今日越えて

浅き夢見じ酔ひもせず


美しく咲く花もやがては散ってしまうように

この世の形あるものは全て移り変わります。

有為転変(ういてんぺん)の人生の奥山を今日

こそ越えて、はかない夢を見ることも酔うこと

もありません。即ち、「生まれたとか死んだ
               
とか、損したとか得したとか」、生滅の法則に

とらわれる心を滅すれば、全てをありのままに

受け入れられる安らかな心が開かれてくるのです。


実は 私自身昨年愛する肉親を亡くしたばかりで、その悲しみがなかなか癒えない日々を過ごしています。
そんな心境のせいか、これを読んだ途端 思わず涙がこぼれそうになりました。

いろはにほへと・・・この慣れ親しんだ四十七文字にはこんな深い仏教理念が込められているのですね
今日この一枚の紙を渡されたことには何か不思議なものを感じずにはいられないのでした。

花暦Ⅱ
< 花 暦 >


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。
素敵なアーティストたち
ジャンルの違う作家さんたちとの交流はとても良い刺激になります。

美しい作品に触れることで心も潤うのです。


☆龍水・春木DM

グラスジュエリー作家 龍水良平さん 春木里絵さんご夫妻とは

数年前に妹の紹介で知り合ったのですが その頃は主に

蜻蛉玉のアクセサリーを制作しておられました。

しばらくぶりに拝見した作品は よりアーティスティックに

洗練されて進化を感じさせるものになっていました。

お馴染みのペンダントトップや帯止め等の装身具に加えて

新しくお目見えした蓋物など 新境地の作品も…

二人とも もともと最初から作家を目指していたわけではなく 

大好きなガラスを扱うお店を持つことを夢見てハネムーンを兼ねた

イタリア旅行に出かけたことが運命を変えたのだそうです

現地で美しいガラスたちが職人の手から生み出される様を見たことが

刺激になって いっそ自分で作ってみようかと…

言うなれば素人からの出発なので まったくの手探りで試行錯誤を

くりかえしながらの作品作りの日々

奥様の里絵さんもそんなご主人の姿に触発されていつのまにか

見よう見まねで制作するようになっていったそうです

そんなきっかけからスタートして はや15年

今では こんな素敵な作品を創り出すアーティストに成長した二人


☆帯留め再


☆里絵ジュエリー(茉莉)

良平さんの作品には緻密な計算に裏打ちされた

知的なロマンティシズムが溢れ 

里絵さんは春風を感じさせるような

キュートで女性らしい感性の作品

個性が対照的であることで一層お互いを高めあえる

良きパートナーなのです

彼らと話をしていると不思議と気持ちが安らぐのは 

きっと純粋で澄んだ魂の持ち主だからなのでしょう

それは二人の作品に共通して表れているものでもあります

これからの創作活動がとても楽しみなアーティストです

龍水・春木  龍水・春木Ⅱ
   ★季刊ランプワーク情報マガジンでも取り上げられています
悲しみと祈りの日々
あの忌まわしい震災から一週間がたちました

被災者の人々の悲しみに寄り添って

同じ国民として心の痛みを共有した一週間でもありました

続々と世界中から寄せられるお見舞いと励ましのメッセージに

胸が熱くなりながら

みんなの気持ちがひとつになって動いている"力"を感じます

大変不幸な出来事でしたが 多くの犠牲者の尊い命に報いるためにも

今自分達のできることを考えながら これからの復興に向けて

まずは元気を出していきましょう


LittleHappiness文字入Ⅱ
<Little Happiness>



※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。
気がかりなこと…
三月も半ばを過ぎたというのに 雪まで降りだすこの寒さ

被災地の皆さんのことを考えると いたたまれません

今はまず 一日も早く救援物資が行き届く体制が

整うことを祈ります

首都圏もこの度の震災の影響で交通機関や様々な方面での

混乱がおきています。

先日上京した時の何事もなく平和な都会の風景を思い出して

複雑な気持ちになります。

先にブログにもアップした東京タワーも

当然節電のためにライトアップを取りやめています

ヒルズから眺めたあの夜景も今は随分違っているのでしょう

何事も世の中が平和であればこそ…

私達が享受してきた便利で快適な生活は

常に危うさと背中合わせであることを再認識させられます

それにしても原発に関する深刻な状況が心配です

牙を剥いて暴れだしたモンスターを

どうすれば鎮めることができるのでしょうか  


<雪の朝>

雪の朝文字入


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。

モノローグ  ~どうして…~
      あの日から  

      メディアを通して入ってくる

      情報があまりにも悲惨で痛ましく

      どうしても平常心ではいられない

      自然の猛威の前に人間は

      成す術もなくこんなにも非力なのかと

      まざまざと思い知らされるばかり

      天災は無慈悲にも

      総てを奪い去ってしまう 

      それこそ善悪を超越して容赦なく…

      宇宙の中では人間は

      ほんの小さな存在でも

      ひとつずつ"大切な命”を授かって

      そのひとつひとつにそれぞれの

      喜びや悲しみを抱えながら

      ささやかな幸せを求め

      懸命に生きているのに

      それなのに

       どうして こんなにもあっけなく

      無残にも奪われてしまうのか

      どうして…

      この理不尽を受け入れればいいのか 

      どうして…


<REQUIEM>

レクイエム


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。
未曾有の大災害に心が痛んで…
11日は友人のグラスジュエリー作家 龍水良平氏と春木里絵さん

夫妻の作品展を奈良学園前まで見に行っておりました。

大和文華館のすぐ側 瀟洒な住宅街の中に溶け込む様に佇む

"ギャラリーきのわ"

美しい作品の数々に心を癒されていたその時 

ギャラリーのオーナーが関東地方で大きな地震があったらしいと

携帯のワンセグを見せて下さいました。

小さな画面ゆえか いまひとつリアルな現実感が湧かなくて

帰宅してテレビをつけてみてやっと尋常な出来事ではないことを

認識したのです。

私がのどかにアート鑑賞していたその同じ頃 

国内でこんな凄まじい災害が起きていたとは…

当日は関西でも震度3の地震を観測していたようでしたが、

幸いに単発に終わり 他は普段と変わりない一日だったのです。

ただその日の天気は 急に"雹"が降ってきたり 晴れ間と雨雲が

入り混じった妙な空模様だったことが印象に残っています。

私自身も阪神大震災では震源地から離れていたとはいえ

震度5の激しい揺れを経験しましたし余震の度にたまらなく

不安になったことも忘れてはいません。

でも この度の大津波の恐ろしさには正直度肝を抜かれました。

同じ日本国内に住みながら想像を絶する恐ろしい災害に遭っている

人たちがこんなにも大勢いるなんて…なんということでしょう!

テレビの映像に見入りながら思わず絶句してしまいました。

人が悲しむ姿を見るのはつらくて耐えられません。

ましてや肉親の安否を心配して涙する人たちの気持ちを思うと

胸が張り裂けそうになります。

現地の被災者の皆様のご無事をお祈りいたします。

また多くの犠牲者の方たちのご冥福を祈るばかりです。

たとえ微力でも私達も何ができるか考えてゆかなければ…




< 天 華 >

天華




<龍水良平&春木里絵 展示風景>
 
☆エントランス

★ 彼らの作品については後日あらためてご紹介するつもりです ★
~さよなら 赤プリ またいつか~
今年92歳のお誕生日を迎えられた我らがやなせたかし先生

お祝いと”詩とメルヘン”関係者の同窓会を兼ねたパーティが

例年通り赤坂プリンスホテルのレトロな旧館の'五色の間'で

歌ありダンスあり、賑やかに楽しく執り行われました。

赤坂プリンスホテルは今年三月いっぱいをもって閉館と

なるため、この場所でのパーティは残念ながらこれが最後。

赤坂の一等地に聳え立つ新館には何度か母と宿泊した思い出が

あるので、それが無くなるのかと思うと寂しいです。

時代の移り変わりとともに姿を消してゆくものと残るものと…

まさに諸行無常、複雑な心境ですが

なかなか顔を合わせる機会のないイラストレーター仲間や詩人の

お友達とも久々に談笑したり、美味しい料理とスイーツ(さすが

プリンスホテル!)にも大満足の楽しい時間を過ごしました。

♪さよなら赤プリ またいつか みんなで楽しく遊ぼうよ♪

最後はやなせ先生作詞のちょっぴり切ないお別れソングを

ホテルスタッフも一緒になってみんなで大合唱してお開き

となりました。

会うは別れの始まりで、さよならだけが人生さ…なんて寂しすぎる!

本当に、またいつかきっと!! という気持ちでいっぱいです。

<やなせたかしON STAGE>

やなせ先生


<アンパンマンといっしょ>

☆2011星屑同窓会01



<春色の街角>

春の街角文字入り


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。
東京ツアー2011 ~ ヒルズ夜景~
やなせたかし先生の92歳のバースディパーティへ出席するため

上京してきました。

7時の開宴までに時間があったので久しぶりに六本木ヒルズの

シティービューを楽しむことにしました。

やはりお勧めはトワイライトタイムから刻々と変化してゆく

東京の夜景です。

ここから眺める夜の東京タワーの美しさは感動ものです。

さながら闇の中に散りばめられた宝石箱の中に

ひときわシンボリックに浮かび上がる赤い電波塔

つい夢中になってシャッターを押し続けて、何枚撮影した

ことか…(笑)

今話題のスカイツリーにお役目はとって変わられても、

存在感はこれからも負けてはいないと思います。



<Bejeweled city>

☆東京タワー夜景②



☆東京タワー夜景


<Lady Noire>

マダムノワール


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。

万里江カムバック
本当にお久しぶりです

故あって長らく休眠しておりました

個人的に悲しいことが続きました

一期一会という言葉の持つ深い意味合いが

これほど胸に響いたことはありません

私がどんなに辛く悲しくても

世の中は何事も変わりなく

日々は淡々と過ぎてゆくのです

いつまでも立ち止まっている訳には

ゆきません

前を向いて歩き出すために

まずはブログを再開することから始めてみようと

思います 


花娘ブログ用


※当ブログの永倉万里江のイラストの著作権は全て作家永倉万里江にあります。
イラストの画像の無断使用、転載を禁じます。
◆もし上記の内容が発覚した場合は、法的措置を講じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。